男性

薄毛対策にピッタリなプロペシア|気軽に使える薄毛治療薬

遺伝性の薄毛対策

メンズ

内服薬で治療

agaとは男性型脱毛症のことで、若くしてM字型に毛が後退していく症状です。遺伝的な要素が高いですが、現代人ではストレスや疲れ、睡眠不足、栄養不足など生活習慣的要素も大きいです。特に仕事で忙しい人に多く見られます。生活習慣からくる薄毛は改善していけば予防も出来ますが、遺伝性のものは治療していかなければなかなか改善することは難しいです。そのためにはaga治療をすることをおすすめします。家庭でもaga治療、予防はできますが、医薬品の発毛剤を使うことが最大限であり、実際に効果の高い内服薬を処方してもらうためには薬剤師や医師の指導が必要です。特に日本での発毛剤は種類が限られており、発毛成分の濃度も高くはありません。そのため内服薬と併用して治療していく人も多いです。

薬剤の種類

内服薬はフィナステリドとミノキシジルを使った薬剤が主になります。副作用はフィナステリドのほうが低く、ミノキシジルは濃度にもよりますが副作用が高いと言われており、服用には注意が必要です。どちらももともとaga治療の薬剤ではなく、副作用として偶然に発見されてものです。それを利用しようとaga治療の薬剤として利用されるようになりました。頭皮だけでなく顔の産毛まで濃くなったりと、効果は高いです。どちらも副作用のリスクを理解した上で服用するようにしましょう。副作用を感じたら濃度を低くしたり、薬剤を変えたりと相談しながら治療していくようにしましょう。また生活習慣でも、男性ホルモンを活発化させる行動や食生活は控え、規則正しい生活を送ることも大事です。