男の人

薄毛対策にピッタリなプロペシア|気軽に使える薄毛治療薬

遺伝性の薄毛対策

メンズ

男性脱毛症であるagaの治療に励む人が増えています。生活習慣の見直しも大切ですが、症状の改善に効果的な発毛剤や内服薬を活用することが有効です。副作用に気付いた場合は、早めに専門の医師に相談しましょう。

もっと詳しく

発毛の悩みはageで解決

医者

埼玉県で薄毛に悩んでいて、発毛治療を検討している方はaga治療がオススメです。他の発毛治療よりも効果が出るまでに時間はかかりますが、メスを使わず薬で発毛させるので、自然な仕上がりになります。

もっと詳しく

髪の問題にはプロペシア

男の人

精力低下の症状には注意

男性型脱毛症による薄毛対策にはプロペシアが一番です。しかし、プロペシアは副作用の報告も上がっているため、利用にあたり副作用に対しての注意が必要となります。プロペシアの副作用として報告が上がっている主な症状が、精力低下、肌荒れ、頭痛です。こうした副作用の中でも特に気をつけたいのが精力低下です。20代、30代前半の方ならば精力低下に関してそれほど注意を払わなくても問題はないのですが、40代以降のすでに精力低下が起こっている年齢の方の場合は、いっそう精力を低下させてしまう恐れもありますので、プロペシアを服用中に精力低下の症状を感じた際には、服用を中断し、その後の様子を見てから今後継続するかどうかを決めるようにしましょう。

原因に働きかける

男性型脱毛症は進行型の症状であるため、その原因を抑制しない限りは薄毛を改善することが出来ません。プロペシアの成分であるフィナステリドは、男性型脱毛症の原因とされるジヒドロテストステロンの生成を抑制する効果を持っています。ジヒドロテストステロンは髪の毛の成長を阻害する働きを持っているため、まだ成長途中の髪の毛も抜け落ちていってしまいます。ジヒドロテストステロンを抑制することが出来れば、成長途中の髪の毛が抜け落ちることもなくなり、自然と新しく生えてきた髪の毛を失うことなく、強く太く育てることが出来ます。今の時代薄毛対策商品は多くありますが、プロペシアほど効果の高い薄毛対策を行える商品はありませんので、薄毛対策を行う場合はまずはプロペシアから始めることをお勧めします。

毛髪再生外来での薄毛治療

医者

男性は成人に達するとaga(男性型脱毛症)になりやすくなります。agaは進行する脱毛症なので、対策をしないでおくと薄毛がひどくなります。東京には毛髪再生外来があるクリニックが多いので、早めにaga対策をして薄毛を予防することができます。

もっと詳しく